So-net無料ブログ作成

酒呑みと夜行列車 [書評?]


三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/07/13
  • メディア: 文庫


年も明けましてほぼ平常の生活に戻りつつありますが、こういう状態を「御屠蘇気分も抜け切らぬ」とか表現するのは、下戸差別とでもいうのか昨今ではあまり聞かなくなったような気がします。もっとも我が家では正式な御屠蘇など仕度したことが無く、私も元旦の正月は普通の熱燗をお猪口に一杯頂くだけなので、廃れたのは表現なのか習慣なのかわかりませんが。
そもそもワインや焼酎ブームは別にして、日本で一般に「酒を飲む」とは日本酒やビールを大量に摂取することで、どちらもあまり飲めない(ビールに至っては口に入れるのも辛い)私のような人間は自分が充分「下戸」の範疇に入るものだと思っております。しかしその私でも、思わずそそられる飲酒というものがありまして、それは大抵ウイスキーやジンなどアルコール度数の高い洋酒なのです。もちろんそんなには飲めませんが、昔の洋画で、登場人物が書斎の隅のワゴンで、無造作にウイスキーをグラスに注ぎ、くっとあおるシーンなどを見るのが大好きです。


プラスチックや紙のコップではどうしても酒が飲めない、と朱音はでこぼこして黒ずんだ小さなアルミのマグカップを取り出した。どんな出張や旅行でも必ず持参するのだそうな。…(中略)…朱音は隆子の分まで(こちらはもう少し綺麗なカップだったが)用意してくれており、とぷとぷバーボンをついでくれる。鼻の奥に眠っているトカゲがそろりと起きだすような香りが、肩に残っていた昼間の残滓を抜いていく。
講談社文庫「三月は深き紅の淵を」 恩田陸

その存在も作者も不明だが、一読した者もそうでない者をも魅了する「三月は深き紅の淵を」という本にまつわる物語。読書好きの会長に招かれたやはり本好きの会社員が、広壮な別宅でかの本を噂を聞き、膨大な蔵書からそれを探す第一章。二人の女性編集者がその作者の正体に迫る為、夜行列車で出雲に向かいつつ推理を展開する第二章、非業の死を遂げた少女の意思を継いでこの本を書こうと決意する作者の、そこに至る哀しい経緯が書かれた第三章、そしてこのすべての物語を描こうと原稿に向かう作者恩田氏の思索が楽屋話のように語られる第四章、というように本編は分かれている。
引用はその第二章の夜行列車での旅のひとこまです。二人の酒盛りしながら謎の本の内容とその作者について語り合う場面ですが、用意してきた大量の酒のあてがすごい。ギンビスのアスパラガス(黒ゴマの入った細長いビスケット)、コンソメチップ、トマトプリッツ、あたりめ、キムチ、枝豆、チーズ、焼き鳥、ネギトロ巻き、霧の浮舟(チョコレート)、元祖柿の種。それそれの量は分かりませんが女性二人で食べきれるのかな、これ。お酒もわざわざ駅で冷えたビールのロング缶を買い、ボトルで持ち込んだバーボン用にアルミのカップを二つも持参してくる準備のよさ。酒呑みの執念というかこだわりを感じます。この「とぷとぷ」がいいですよね。咽喉が鳴りたちまち舌の奥から唾が湧く擬音だと思います。こんな風にストレートで何杯も飲んだら、私ならたちまち酔って胃がひっくり返ること間違いなしですが、彼女達はかなり強いようで、酔うことよりも、ダイエットのことを気にしておりました。うう、うらやましい。確かに旅行先などで一晩中、気の置けない相手と好きなように食べたり、しゃべったりしていると、不思議に全然お酒がまわらないというか、悪酔いしない事もあります。翌朝空になった瓶や缶を見てぎょっとしたことも…。この「とぷとぷ」が私を旅情に誘いつつ、バーボンが注がれたマグカップを渇望させる、私にとっては何とも罪な一節なのです。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。